Chungshilとは韓国語で充実を意味します。大人女子に向けた韓国情報サイトです。

充実した韓国ライフをお届け大人女子のための情報サイト

  • Top
  • 記事一覧
  • 「コロナアラート」「コロナマップ」続々登場!確定者が訪れたところが一目でわかる

ニュース速報

「コロナアラート」「コロナマップ」続々登場!確定者が訪れたところが一目でわかる

satsukisatsuki

本日のNAVER検索ランキング10位(2020年2月4日10:00時点)

 

「コロナアラート」

 

世界中で騒がれている「新型コロナウイルス」日本でも問題となっていますよね。。

街中は以前よりマスク姿の人が増えた印象です

 

韓国ではこのような事態に対し、大学生があるものを開発したそうです!

さっそく、ニュースを見て行きましょう!

 

韓国の大学生が開発した「コロナアラート」って?

出典:https://www.naver.com/

 

新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)が国内に広がる一方で、新型コロナウイルスに関する情報を確認することができるデジタルベースのサービスが続々と登場している。

 

1月30日、「コロナウイルスの現状地図」(コロナマップ)が出てきたのに続いて、国内感染者が訪れた地域を一目で確認できるようにした「コロナアラート」のサイトも登場した。

 

 

プログラミング教育サークル「おしゃれライオンのように」出身である高麗大学の在学生4人は1日にロケーションベースのサービスをもとに、新型コロナウイルス感染者が訪れた場所を確認できるようにした「コロナアラート」corona-nearby.com)を制作して公開した。先月30日には地図上に確定者の移動経路と隔離場所、遺贈ボックスの数を示すサイトコロナマップ」coronamap.site)がサービスを開始した。

 

 

コロナアラートに接続すれば、個人の位置情報に基づいて、利用者の周辺近くの確定者訪問場所や診療所を一目で確認することができる。 「私の位置」情報の共有を可能にすると、近くにある確定者訪問場所が「確定」と書かれた赤い逆三角形の記号と一緒に表示される。

 

 

1月 3日、コロナアラートサイトで「誠信女子大」という目的語を検索してみると、ソウル地下鉄4号線漢城大入口駅と恵化駅周辺6カ所が「確定者訪問場所」にあがった。 6つの「確定」逆三角形の記号のいずれかに「城北映画館」、1月25日「5番目の確定者訪問場所」という案内が出た。サイト検索欄に目的地を入力すれば、目的地周辺の確定者の訪問場所や診療所も出てくる。また、周辺の疾病管理本部診療所も見ることができる。

 

 

出典:https://www.naver.com/

 

地図上に「診療」と書かれた青色の円記号を押すと、新型コロナ診療が可能な病院の名前と位置代表電話番号が表示される。新型コロナウイルス確定者数前日比増加幅も確認可能である。

 

 

コロナアラートは〇利用者の位置を中心に感染者の訪問場所を覗いて見ることができる点〇診療が可能な周辺医療機関を示すという点が、従来のコロナマップと異なっている。また、PCや携帯の両方で接続することが可能である。

 

 

サイトを開発した高麗大在校生のチェ・ジュウォンさん(23)は3日、「新型コロナウイルスの事態に対し、学生の開発者が拡散マップを作成する様子を見た。それらを見て、私たちも、私たちが学んだことを、意味のあるサービスにしてみようと思いました」と開発の趣旨を伝えた。彼は続いて「コロナマップが出た後、作成したサイトであるだけにコロナマップで提供していない「私の位置と私の先ベースの情報」を提供しようと努力した」と話し、「少しでも症状がある方は、迅速に対応して拡散を防ぐために恩恵をもたらしてほしいという気持ち」と付け加えた。

 

 

1月30日にサービスを開始したコロナマップもオンライン上で話題を集めている。慶煕大学生のイ・ドンフンさんが作ったコロナマップは地図上で確定者が訪問した場所を選び出し、それらを線で繋ぐことで、一目で移動経路を把握することができる。コロナマップはサービス提供翌日の31日、一日のヒットが240万回を超えた

 

引用:http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/926662.html#csidx84b136a291d1e1e97883bbd22fe3060

 

次のページでは、これから韓国に行かれる方に「コロナアラート」の使い方を説明します!

ニュース速報についての記事をもっと見る!

この記事をSNSでシェア!

ランキングRanking

  • DAIRY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

おすすめ記事Long Hit

トレンドワードTrend word

more

カテゴリCategory

フォローするFollow

Twitter

Instagram