Chungshilとは韓国語で充実を意味します。大人女子に向けた韓国情報サイトです。

充実した韓国ライフをお届け大人女子のための情報サイト

  • Top
  • 記事一覧
  • ポン・ジュノ監督の「パラサイト」作品賞など4つの部門で受賞!おめでとう!!

ニュース速報

ポン・ジュノ監督の「パラサイト」作品賞など4つの部門で受賞!おめでとう!!

satsukisatsuki

本日のNAVER芸能検索ランキング1位(2020年2月10日10:30時点)

 

「パラサイト アカデミー

 

皆さんはもう「パラサイト」ご覧になりましたか?

 

 

映画が好きな筆者は1月に友人と観たのですが、最近観た映画の中で一番面白かったし、貧困や格差社会などの社会風刺を物語っている作品なので色々と現代の政治や社会のあり方について考えせられました。。

 

 

そして本日(2020年2月10日)は、アカデミー賞授賞式です!パラサイトが作品賞を含め数々の部門にノミネートされています

発表され次第更新していこうと思っています。

 

では、本日のニュースを見ていきましょう!

「パラサイト」作品賞受賞でオスカーの歴史を刻むことはできるか

出典:https://www.naver.com/

 

米国CNNが2月9日韓国、日本時間10日)に開催される92アカデミー賞を前に、ン・ジュノ監督パラサイトは、英語ではない外国語製作された外国映画一度もアカデミー作品賞乗ったことがなかった記録を破ることができると予想した。

 

アカデミー史上外国語映画作品賞を受賞した前例はない

 

 

昨年の場合、メキシコの映画監督アルフォン・ソクアロン監督映画ローマ監督賞、撮影賞、外国語映画賞受賞したが、作品賞は獲得できなかった。作品賞「グリーンブック」った。CNNはローマ作品賞を受賞していなかった理由劇場業界と競合しているNETFLIXが製作した映画だった可能性があると指摘した。

 

 

ところが、ポン・ジュノ監督が手掛けた韓国映画パラサイトは、カンヌ映画祭パルムドール受賞だけでなく、全世界で16000万ドル米国3000万ドル興行実績を上げ、しかもNETFLIX映画ではないという点で「ローマよりアカデミー賞有利な状況だということだ

 

 

パラサイト」は、アカデミー作品賞はじめ、監督脚本、編集、美術国際映画賞外国語映画賞など6つの部門に候補に上がっている。

92アカデミー賞は、カリフォルニアハリウッドドルビー劇場で開かれる。

 

 

引用:www.newsis.com/view/?id=NISX20200210_0000913276&cID=10101&pID=10100

 

「脚本賞」を受賞

 

ン・ジュノ監督の映画「パラサイト」がオスカートロフィーを獲得した。

 

韓国映画史上初だ。

 

9日(現地時間)、米国LAドルビー劇場で開かれた第92回米国アカデミー賞で「パラサイト」の脚本を制作したポン・ジュノ監督ハン・ジニョン作家脚本賞を獲得した。

 

 

2003年「彼女に」、スペインペドロ・アルモドバル監督の後、外国語映画では、17年ぶりの受賞であり、アジアの映画では初めてだ。
「パラサイト」は、極めて韓国的な話で、全世界に通じる資本主義と階級問題を風刺して高い評価を受けてきた。

 

ハン・ジニョン作家は、生涯初の脚本デビュー作がアカデミー賞の栄誉に繋がった。

 

引用:https://news.joins.com/article/23702004

 

「国際長編映画賞」を受賞

出典:https://www.naver.com/

 

92回アカデミー賞授賞式で、「国際長編映画賞」を受賞した。脚本賞に続いて2つ目の賞。

 

ポン・ジュノ監督は脚本賞に続き、再び舞台に上がった。

 

ポン・ジュノ監督は「非常に光栄だ。この部門の名前が変わった。名前が変わって初めて賞を受けて一層意味が深い。名前に意味があり、オスカーが(名前の変更で)追求する方向に支持を送る」と述べた。

 

ポン・ジュノ監督は続いて「素晴らしい俳優、スタッフらがここにいる」と俳優たちと製作陣の名前を一人ずつ呼称し客席に拍手を要請した。俳優たちは座席から立ち上がって手を振って応えた。ポン・ジュノ監督は、英語でI am ready to drink tonight until tomorrow(明日まで一晩中お酒を飲む準備をする)」と笑いを誘った。

 

 

国際長編映画賞(旧外国語映画賞)は、米国外で製作された映画の中でも、ほとんどのセリフが英語ではない映画が競争する部門である。劇映画だけでなく、ドキュメンタリー・アニメーション映画も含まれる。他の部門とは異なり、必ずしも米国で公開する必要はないなど出品資格が厳しくない。ただし、国別自国映画のみを出品することができる。韓国は1962から毎年この部門に出品してきた。昨年「バーニング」は候補10編には聞いたが最終候補に上がることはなかった。昨年10月に閉鎖したが部門には、90カ国が出品した。

 

授賞式を主催する米国の映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and SciencesAMPAS)」所属の国際長編映画委員会は、昨年12月に審査資格を獲得した90編の関連資料を見て、無記名投票で7編を選んだ。ここで、国際長編映画賞執行委員会が3編を加え、合計10本の国際長編映画賞候補を追加した。国際長編映画委員会は、1月の予備候補10編を見た後、無記名投票を進行し、「パラサイト」を含む最終候補5編を追加した。この日発表された最終的な勝者「パラサイト」は、AMPAS会員全体の投票で決定されたものである。昨年612日現在の投票権を持つAMPAS会員は8469人である。

 

一方、AMPAS理事会は、昨年4月には、部門の名称を「国際長編映画賞(International Feature Film)」に変えた。アカデミーの関係者は、「「外国(Foreign)」という表現が旧世界的でもして、意図とは異なり、疎外感を与えることができ、映画の包括的かつ普遍的な特性を反映するために名称を変えた」と説明した。

 

引用:news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=202002101225001&code=960100

 

「監督賞」を受賞

ポン・ジュノ監督の映画「パラサイト」が監督賞まで受賞し、韓国映画初のオスカー3冠王に上がった。

 

 

受賞者にポン・ジュノ監督の名前が呼ばれると、彼は信じられないという表情で舞台に上がった。

 

彼は「ちょっと前に国際映画賞を受賞し、今日やるべきことは終わったなと思っていたところ、とても感謝している」と受賞の所感を述べた。

 

続いて「子供の頃、私は常に胸に刻んだ言葉がある。 「最も個人的なことが最もクリエイティブなものである。」その言葉を述べた方が誰だったかというとマーティン・スコセッシだった」と客席に座ったマーティン・スコセッシ監督に向かって手を伸ばした。これにマーティン・スコセッシ監督も親指を立てた。その瞬間客席に座ったすべての人々が拍手を送った。

 

監督賞はアカデミーで作品賞の次に栄誉な賞である。ポン・ジュノ監督をはじめ、「アイリッシュマン」のマーティン・スコセッシ、「ジョーカー」のトッド・フィリップス、「ワンス・アポン・ア・タイムであるハリウッド」のクエンティンタランティーノ、「1917」のサム・メンデスなどそうそうたる監督が候補に名前があがっていて、受賞をすることは容易ではなかった。先にサム・メンデスが、米国監督組合と英国アカデミーで監督賞を受けて1位を受賞していた。しかし、オスカートロフィーはポン・ジュノ監督に抱かれた。

 

 

東洋人がアカデミー監督賞を受けたのは、台湾出身のアン監督の後ポン・ジュノ監督が2番目だ。リアーナ監督は「ブロークバック・マウンテン」と「ライフ・オブ・パイ」で二度監督賞を受けたことがある。ただし二つの映画はすべてハリウッド製作映画であった。ポン・ジュノ監督が韓国映画で監督賞を受けたのは、アカデミーの歴史でも新しい足跡だ。

 

引用:www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/927626.html

 

アカデミー最高賞「作品賞」も受賞

出典:https://www.naver.com/

 

ポン・ジュノ監督の映画「パラサイト」がアカデミー最高賞の「作品賞」を受賞した。 92年のアカデミー歴史の中で、英語以外の言語で作られた映画が作品賞を受賞したのは初めてだ。韓国映画はもちろんアジア系映画としても初受賞である。

 

 

「パラサイト」は、先に監督賞と国際長編映画賞(外国語映画賞)、脚本賞を受けてアカデミー4冠王となる歴史的な記録をつくった。

 

 

「パラサイト」は9日(現地時間)、米国ロサンゼルスドルビー・シアターで開催された今年の第92回アカデミー賞で作品賞の主人公になった。アカデミーは「パラサイト」を受賞作に発表し、「英語で製作されていない最初のアカデミー作品賞」と紹介した。

 

 

これまでアカデミーで英語以外の映画は10回作品賞候補に上がったが、賞を受けた作品はなかった。作品賞と国際長編映画賞にノミネートされ、同時に上がった5つの映画の中でも、両方を受賞した作品はなかった。「パラサイト」は作品賞と国際長編映画賞を同時に受賞した初の作品となった。

 

「パラサイト」制作会社のグァク・シネ代表は「想像もしたことがなかったことが実際に起こっているから嬉しい」と語った。続いて「今この瞬間はとても意味があり、象徴的であり、時の歴史を刻んだ気がする」とした。グァク代表は「このような決定をしてくださったアカデミー会員の決定に敬意と感謝を申し上げる」と述べた。

 

製作投資家であるイ・ミギョンCJ副会長も舞台に上がって所感を明らかにした。

 

「パラサイト」はアカデミー6部門候補に上がって、このうち4つの部門でトロフィーを手にした。監督賞と国際長編映画賞、脚本賞を獲得した。美術賞と編集賞は獲得できなかった。

 

引用:news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0014221065&code=61171111&cp=nv

 

まとめ

「パラサイト」アカデミー4冠王となりましたね!!

 

「作品賞」「監督賞」「国際長編映画賞」「脚本賞」おめでとうございます✨

 

本当に感慨深いです。。

観終わった後に考察を読んだのですが、また観たくなりました

 

まだ観ていない人はぜひご覧になってください♪

 

以上、本日のニュース速報でした。

 

「パラサイト」に出演していたソン・ガンホさんは韓国の有名大物俳優で、筆者おすすめの「タクシー運転手」という映画でも主演を務めていました。ソン・ガンホさんが出演している映画は大体面白いです!!ぜひ、こちらもご覧ください!

 

ニュース速報についての記事をもっと見る!

この記事をSNSでシェア!

ランキングRanking

  • DAIRY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

おすすめ記事Long Hit

トレンドワードTrend word

more

カテゴリCategory

フォローするFollow

Twitter

Instagram