ポン・ジュノ監督の傍で通訳をしたシャロン・チェが話題に!

本日のNAVER検索ランキング1位(2020年2月12日10:30時点)

 

「シャロン・チェ」

 

皆さんアカデミー賞の授賞式はご覧になったでしょうか?

「パラサイト」4冠本当に凄いですね。。おめでとうございます!✨

同じアジア人として自分のことのように嬉しいです☺

 

そんな中、ポン・ジュノ監督の傍で通訳を担当していた女性が注目されているようです!

本日のニュースを見ていきましょう~!!

 

ポン・ジュノ監督の傍で通訳を担当してた女性は誰?

出典:https://www.naver.com/

 

ポン・ジュノ監督の言葉を感動的で気の利いた通訳をしたシャロン・チェ(チェ・ソンジェ)が国内外のメディアに熱い関心を受けている。

 

2月9日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)はポン・ジュノ監督の通訳家シャロン・チェを監督とは別々にプレスしたほどだ。

 

シャロン・チェはポン・ジュノの言葉を誰よりも細心かつ正確に通訳をして話題になっている。「ポン・ジュノの言語アバター」という修飾語が聞かれるほどだ。シャロン・チェは昨年のカンヌ国際映画祭からポン・ジュノ監督の通訳を務めた。

 

しかし!!シャロン・チェは通訳士ではない。

 

シャロン・チェの正体とは・・

シャロン・チェは韓国の国籍を持っており、アメリカの大学を出て、映画の勉強をしている。映画を勉強しているので、「誰よりもポン・ジュノ監督の言葉の意図をよく把握して通訳をすることができる」と評価されている。

 

 

ニューヨーク・タイムズ紙は、「シャロン・チェはレッドカーペットと深夜TV出演などを通じてポン・ジュノ監督のスピーチやインタビュー内容を英語に翻訳し、アカデミー賞の両方で4回舞台に上がった」と述べた。

 

続いて「舞台の上でシャロン・チェの存在は、人々の関心を集めている。ポン・ジュノ監督はあるインタビューで「シャロン・チェが沢山のファン層を持っているのが分かる」と述べた」と伝えた。実際にオンラインでシャロン・チェの言語能力は多くの人々に好評を得ている。2月10日に開かれたアカデミー賞を加えポン・ジュノ監督と一緒にしたインタビューなど、彼女の通訳はすっきりしながらも立派だという反応だ。

 

 

出典:https://www.naver.com/

 

シャロン・チェは通訳士として有名なわけではなく、25歳で映画を勉強している人として知られている。ポン・ジュノ監督も「シャロン・チェは映画の勉強をしている。今脚本を書いていると言っていたがその内容が気になる」と述べた。

 

引用:https://sports.donga.com/3/all/20200211/99642248/2

 

 

筆者もスピーチを見ながら大舞台にしてシャロン・チェさんの通訳素晴らしいなぁと思っていたのですが、なんと通訳士ではないなんて!!とても驚きました😲映画が好きでポン・ジュノ監督のことをよく理解しているからこそできることですよね❁

 

 

アカデミー賞を観て、「パラサイト」のみならず全ての作品は、出演者や監督だけでなく一つの作品に携わった方々やその作品を観た観客たちで創り上げられているということをさらに実感することができました!

 

 

特に筆者は「パラサイト」プロデューサー ミキー・リさんの「何よりも韓国の観客たち、映画ファンに感謝したい。彼らは躊躇せずに率直な意見をくれる。その意見を前にして私たちが「まあいっか」と現状に甘んじることは許されない。彼らが監督や製作者たちをここまで押し上げてくれた。それがなければ韓国映画はここまでにならなかった。」という言葉に共感し、とても感動しました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだご覧になっていない皆さん、ぜひこの機会に観てみてください♪

 

以上、本日のニュース速報でした。

 

【パラサイト アカデミー賞受賞の記事はこちら】

関連記事

本日のNAVER芸能検索ランキング1位(2020年2月10日10:30時点)   「パラサイト アカデミー」   皆さんはもう「パラサイト」ご覧になりましたか?   &nbs[…]

1つ星いいねしてね❤︎
読み込み中...
最新情報をチェックしよう!
Ad