簡単にVラインは手に入る!韓国で顎フィラーを行った私がダウンタイムや効果を徹底解剖♡

 

入院や手術をしなくても数分ですぐに美しくなれる人気のプチ整形「フィラー」

フィラーはしわを消すための施術という印象がありますが、最近は鼻を高くしたり唇をぷっくりさせたりと若い女性にも人気の施術です。

そんななかで今回私が紹介するのは、韓国で体験してきた顎フィラーです!
「えっ、なんで顎に打つの?」と疑問を持たれる方も多いかとは思いますが….
この顎フィラーはフェイスラインをVラインにしたい方にはもってこいな施術で、プチ整形のなかでも韓国では人気の高い施術メニューになります!

出典:https://twitter.com/hashtag/%E3%83%90%E3%83%8E%E3%83%90%E3%82%AE%E6%95%B4%E5%BD%A2%E5%A4%96%E7%A7%91

最近ではUラインという自然なフェイスラインも人気ですが、二次元のような洗練されたVラインは昔から安定の人気があります!

顎フィラーのメリットとは?

気軽に整形効果を出すことができるフィラーのよう注射の施術は、手術をする必要がないので誰でも気軽に施術が受けられ、腫れたり跡が残ったりすることもありません

施術後すぐに日常生活が可能という点も人気の理由です。

 

Vラインを手に入れたい方は同時に輪郭注射やアキュ注射を行う方も多いのですが、輪郭に打つ脂肪溶解の類の注射は顔が極端に腫れてしまうため、旅行の際には写真を取れなくなってしまいます

その点顎フィラーに関しては、腫れなどもなく効果もすぐに表れるのでおすすめです♡

顎フィラーのデメリットとは?

気軽に多くの人たちがするフィラーにも副作用の危険があります(>_<)

 

2016年韓国消費者院の発表によると、3年間フィラー副作用被害の相談事例は524件!その中でも最も多い被副作用が”炎症”

その次が肌がデコボコしたり、非対称になるという副作用です。

 

多くの人たちがフィラー施術を簡単に考えて医療人の実力とノウハウ、どんな製品を使っているのかを深く考えない人がかなり多いんです

安全なフィラーだといっても血管に入る場合副作用が起こることがあるので、何より重要なのは施術経験が多く豊富なノウハウがある専門医に施術を受けることをお勧めします!

 

費用はどのくらいかかるの?

 

フィラーの値段はピンキリなのですが、日本人観光客がよく訪れる明洞にて、観光客価格で行うのならば

1.3万円~3万円弱の間で1㏄のフィラーを受けることができるみたいです。

 

例)明洞のAbijouクリニック

出典:https://www.konest.com/contents/clinic_mise_menu.html?id=2641

 

逆に江南で地元の韓国人から人気なクリニックでは1㏄で1万円を切る場合もあるみたいですね!

 

例)江南のミューズクリニック

出典:https://byk.tokyo/clinic_kr/museclinic_gn/

 

フィラーにも韓国産から外国産まで様々なフィラーがあります、それぞれ価格が安い場合には持続期間が短かかったり、自分に合ったフィラーを先生と相談してきめるようにしてくださいね♡

 

実際の施術の流れは?

 

主に顎フィラーの流れとしては以下の通りです!

 

①麻酔クリームを塗る

②麻酔が効くまで10分ほど待つ

③麻酔クリームをふき取る

④注射

⑤注射の後にパッチを貼る

⑤完成

 

手術のあとにメイクはできるの?ダウンタイムは?

 

手術後のメイクに関してはできるのですが、翌日の朝までは傷跡にあてるパッチを外すことができません><

透明なので見えにくいのですが少し気になりますね…実際の写真がこちら!↓

 

 

手術後にできる傷としては注射後に残る内出血になります、この内出血はコンシーラーで隠せる程度です!

 

効果はどのくらい?

 

写真は施術あと3日目になりますが、施術後よりはフィラーも馴染んで自然なVラインになったと思います♡

 

 

私が行ったフィラーは「レスチン」というフィラーで容量は1㏄いれました、先生に2㏄いれたいとお願いしたところ、1ccいれて様子をみますといわれました。

鏡を見ながら調整してくれるので、入れすぎておかしくなったということは起きません^^

 

 

まとめ

 

今回は簡単にVラインを手に入れることができる顎フィラーについて紹介しました♡

プチ整形は手軽ですが、しっかり持続性や専門医がいるかどうかなどの安全面を確認してから行ってくださいね^^