日本クルーズ船 帰国者7人金浦空港に到着…仁川空港検疫所にて検疫

本日のNAVER検索ランキング1位(2020年2月19日10:30時点)

 

「金浦空港 到着」

 

日本国内では感染者数がどんどん増加しており不安な日々が続いてますね。。

どうやら潜伏期間中は無症状の場合もあり、知らぬ間に自分が多くの人にウイルスを移している可能性もあるそうです

また、潜伏期間も2週間と長いので自分が感染かしたかどうかは、症状が出るまでなかなかわからないですよね、、

 

そんな中、ダイヤモンドプリンセスに乗船していた韓国人が政府のチャーター機により帰国したようです。

さっそく本日のニュースを見ていきましょう~!

 

出典:https://www.naver.com/

 

日本の横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」で下船した韓国人6人と日本人の配偶者1人を乗せた大統領専用機(空軍3号機)が2月19日午前6時27分、金浦空港に到着した。

 

韓国政府は、コロナウイルス感染症-19(コロナ19)集団感染事態が発生したクルーズ船の韓国人移送のために前日大統領専用機を投入した。また、大統領専用機は2月18日午後2時50分、医師と看護師、検疫官、外交部サポートスタッフ、空軍整備士などを乗せて、東京の羽田空港に到着した。

 

出典:https://www.naver.com/

 

クルーズ船に搭乗した韓国人6人と日本人の配偶者1人は帰国を希望し、19日0時20分頃下船した。 下船者7人は韓国大使館が準備したバスに乗って東京羽田空港に移動した後、午前2時20分頃、大統領専用機に搭乗した。 下船者は一般乗客と銅線が完全に遮断された金浦空港ソウル金浦航空ビジネスセンター(SGBAC)の厳しい検疫など入国手続きに進んでいる。

 

その後、仁川国際空港第1旅客ターミナル付近の国立仁川空港検疫所中央検疫サポートセンターに移動した後、音圧実装部シングルで14日間隔離される予定だ。 海外の流入感染症防止のための空港隔離施設である中央検疫支援センターは、2011年に完成され、音圧実装部50を備えている。

 

共同通信によると、日本の厚生労働省(厚生省)は、18日ダイヤモンドプリンセスで新たに検査結果が出た88人の中でコロナ感染者が19人追加で確認された。 乗客2666人、乗員1045人、合計の乗船者3711人のうち感染者であることが判明している乗船者は542名です。 先に米国国籍者338人はチャーター機で帰国し、現在は2900人余りが残っていると推定される韓国人は、乗客9人と乗務員5人の計14人。 大統領専用機で帰国していない韓国人の乗員は、コロナ19検査の結果、音声判定を受けて、19〜21日に下船する予定だ。

 

引用:https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005655271&plink=ORI&cooper=NAVER

 

出典:https://www.naver.com

 

日本では毎日のように続々と感染者数が増加していますね。。

マスクを常に身に着けたり、アルコール消毒や手洗い・うがいをこまめに行うなど、自分たちでできる限りの予防はしていきましょう><

 

以上、本日のニュース速報でした。

 

【コロナ関連】