韓国の優秀大学生が開発!コロナアラートに続くマスクアラートでマスク不足解消?!

 

コロナ19確診者訪問地域を知らせてくれる’コロナアラート’地図を開発した大学生が今回には周辺コンビニマスク販売状況を知らせてくれるサイトを開設した。

 

6日現在、’マスクアラート‘(https://mask-nearby.com/)サイトでは周辺コンビニにおけるマスクの販売を公開している。

 

開発チームによれば速くて現況は11時~23時の間に確認することができて、速くて現況は配達アプリ’ここです’の情報を受けて10分間隔でアップデートする。

ただし現在は大部分コンビニに在庫がない状況である。 政府がコンビニをマスク公的販売店から除いた状況利己のためと見られる。

 

再考が残ったコンビニは’24hrs’と明示されて違う所は’品切れ(SOLD OUT)’で表示される。

 

出典:https://www.ytn.co.kr/_ln/0103_202003061020064449

 

しかし、現況を知らせてくれる11時~23時外にはすべてのコンビニが’品切れ’と出る。

 

現在としてはコンビニマスク限定の情報だけ提供されているが、運営スタッフは“薬局、マートなどのマスク速くて現況情報を提供していただける関係者方々の連絡を待っている”と明らかにした。

 

サイト開発者は’コロナ通知’を作った高麗大学校学生4人で、’天才ハッカー’と知られたイ・ドゥフィ’おしゃれライオンのように’代表の諮問を受けてこのサイトを開発したことと知られた。

 

出典:https://twitter.com/lualattae/status/894780149907902465

 

この代表は先立って’コロナアラート’サーバー費用を負担したりした。

一方彼らが開発した’コロナアラート’というサービスについては、感染者が急増しこの前の4日付にサービスが終わった。

 

運営スタッフは“一日にも数百間の確診者訪問地域が追加される中、発表される情報をみんな追加しようと努力してみたが、分散した情報網によって4人が把握して確かな情報を提供することは難しいという判断が入った”と明らかにして’マスクアラートサイトをローンチングした。

 

【関連記事】

関連記事

NAVER検索ランキング10位(2020年2月4日10:00時点)   「コロナアラート」   世界中で騒がれている「新型コロナウイルス」   日本でも問題となっていますよね[…]

 

Ad