『整形妖怪いっぱい?』韓国の整形に対する考え方とは、整形反対派も?

 

突然ですが、みなさん『カンナムオンニ』という言葉はご存知ですか?

 

“カンナム”は整形医院やエステが軒を連ね、「ビューティーベルト」と呼ばれる江南(カンナム)区のことで

“オンニ”は韓国語でお姉さんという意味であることから、“カンナムオンニ”は、いかにもカンナムで整形した整形美女のことを言います。

 

出典:https://www.bing.com/images/search?view=

 

カンナムオンニとはソンゲ(整形怪物)とも呼ばれており

・開き過ぎた目

・細く上向きの鼻ボリューム溢れる額

・やりすぎの涙袋

・細すぎるVライン輪郭

を持った似たような顔をした女性たちを言う表現です、簡単に言うとわかりやすい整形顔をいうみたいです><

 

美容整形についてオープンな国民性を持つ韓国ですが、そのような整形大国になった要因にあるの、容姿が良くないと進学や就職に不利になるという外見至上主義があるようです。

 

親が子供に美容整形を勧めることも珍しくなく、大学入学前に親が美容整形をプレゼントするという話を聞いたことがある方もいると思います!

 

今回は、整形妖怪とも呼ばれるカンナムオンニをつくっってしまった韓国の、整形への考え方や認識についてご紹介します!

 

韓国の整形は世界1位?

 

では、そんな韓国での年間の美容整形の施術件数はどのくらいあるのでしょうか?

 

国際美容外科学会(ISAPS )が世界各国の2014年の美容整形市場についてまとめた報告書を出しています。

これによると、各国の美容整形の年間施術件数は以下の通り。

 

1位 アメリカ 406万件
2位 ブラジル 205万件
3位 日本 126万件
4位 韓国 98万件

 

施術件数でいうと、実は韓国より日本の方が多いんですね。

しかし、人口1000名あたりの件数で比較すると以下の通りになります。

 

1位 韓国 98万件 / 5075万人 × 1000人= 19.31件
2位 アメリカ 406万件 / 3億1862万人 × 1000人=12.74件
3位 日本 126万件 / 1億2727万人 × 1000人= 9.90件
4位 ブラジル 205万件 / 2億1421万人 × 1000人= 9.57件

 

出典:https://www.isaps.org/wp-content/uploads/2017/10/July-2015-ISAPS-Global-Statistics-Release-Final-1.pdf

 

実質整形件数は世界1位とも捉えられる韓国…では、ここまで整形に寛容な国の考え方はどのようなものでしょうか?

 

国内の整形への考え方は?

 

 

出典:https://news.livedoor.com/article/image_detail/13977055/?img_id=15729987

 

韓国の若い女性は「髪を染めたりイヤリングをしたりするのと一緒。おしゃれなのだから、他人にとやかく言われる筋合いはない」と主張するなど、多くの人が肯定的、あるいは寛容な姿勢を見せているそう。

 

実際に筆者の韓国人の友人も高校時代に二重整形をしており、女の子だから二重がいいでしょ♪という軽いノリでしたそうです…(親もそんな感じだったとか)

 

過激化する整形への考え方

 

そして最近ではアイドルや女優が整形をカミングアウトすることも増え、整形を恥ずかしいと思う考え方が変わってきたようです。

 

韓国では【カンナムオンニ】という整形を公表し合うコミュニティサイトがありますがその広告があまりに韓国らしいと、韓国では話題になっていました。

 

 

 日本語訳:あなたも堂々としてみたいでしょ?

 

 

日本語訳:世界の基準が重要なのではない、私の基準は私が作るんだ

 

いかにも整形を肯定するような挑発的な広告ですよね!最近ではこのように整形への考え方が変化しているようです。

 

反対派も?韓国で生まれている新たな整形への考え方

 

一方で、江南エリアの駅を通るとよく見かけていた美容整形の広告が減少していることも話題になっています。

 

広告規制の原因は、死亡事故の多発によるとされていますが「外見至上主義を助長する」と理由から、ソウル市が美容整形外科の広告を禁止する方針を打ち出したためで、2022年までにはすべて消える予定とのこと…!

 

出典:http://blog.livedoor.jp/minamic01/archives/7604532.html

 

日本でも、屋外広告や駅の看板やバスには美容整形クリニックの広告が載っていますがこの写真に見られるような、術前術後の比較写真はないと思います、

 

それは日本で医療法の規定によって、広告内容に制限があるからなんです。また、美容整形に馴染みのない日本人にとっては、このような看板による広告手段はちょっと嫌悪感がありますよね…!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は、整形大国韓国の韓国の整形に対する考え方をご紹介しました><

こう考えてみると韓国は整形について寛容的であり、馴染みのあるものだと分かりますよね!

 

整形に関する考え方も時代とともに変化していって、より良い関係性を見つけられるといいですね♡