韓国ソウルでタクシーに乗るなら知っておくべき10のこと!

  • 2020年6月23日
  • 旅行
  • 124view

韓国タクシーといえば日本よりも安い料金で乗れる、便利な交通手段として人気ですよね。

でも、韓国のタクシーってぼったくりが多いって聞くし不安、、という方も多くいらっしゃると思います。

今回はそんな方のために、韓国タクシーで気をつける10項目をご紹介します!

韓国ソウルでタクシーに乗るために知っておくべき10のこと

これから韓国でタクシーを使おうと思っている方はぜひご参考ください!

韓国でタクシーに乗るなら一般タクシーに乗りましょう!

ソウルでタクシーに乗る場合はまず、タクシーの色を確認しましょう。シルバーやオレンジ、白のタクシーは安いと言われているタクシー。

ソウルであれば、オレンジ色のタクシーが目印です。オレンジ色のタクシーは一般タクシーと呼ばれていて、基本料金は3,800ウォンと安いです。

プロントガラスに「빈차(ピンチャン)=空車」と書かれたタクシーがあれば、手を降って乗車の合図をしましょう。

乗車拒否される場合もある

一般タクシーは外国語が通じないことも多く、乗車拒否をされることも少なくありません

特に、近い場所への移動は乗車拒否をされる原因にもなります。また、雨が降っているときはタクシーの需要が増えて、料金が約3倍になったりもするので、注意しましょう!

どうしても目的地に行きたいときは、実際にかかる料金より高い金額を出して交渉すると優先的に乗せてもらえることもあるみたいです。

模範タクシーとは?

韓国にはタクシーが一般、模範、インターナショナルの3種類があります。

ただし、インターナショナルタクシーは予約や申込みが必要なので、ほとんど乗ることはないでしょう。

模範タクシーは黒いタクシーで、基本料金は6,500ウォンです。一般タクシーよりも高いですが、外国語ができる運転手が比較的多く、乗車拒否もほとんどありません。

はじめての韓国でタクシーが不安!という方には日本と料金が変わらないのでオススメできます。

1つ星いいねしてね❤︎
読み込み中...
最新情報をチェックしよう!
Ad