社会現象を巻き起こした韓国ドラマ!砂時計

  • 2019年7月4日
  • ドラマ
  • 179view

韓国ドラマが日本で人気な理由!

日本のドラマよりもなぜ韓国ドラマがハマってしまうのか!?

それは日本ドラマにはない中毒性が韓国ドラマにはあるからです。

日本ドラマの多くは1話完結の内容に対して韓国ドラマは1シリーズ完結型のものが多く見応えがありまた「予想通りの展開からの大逆転」「ドロドロすぎる人間関係」「非現実的な世界」など日常では感じられないものを感じることができるため韓国ドラマにハマってしまう方がたくさんいらっしゃいます!

 

 

韓国ドラマにハマる人の特徴

韓国ドラマにハマる人の特徴は「流行が好き」「K-POP」が好きという人が多いです!

最近ではK-POPアイドルもたくさんドラマや映画に出演をしています。

韓国ドラマや映画には全く興味がなかったけど好きなK-POPアイドルが出演するからという理由でドラマを見始めてそして韓国ドラマにハマるという流れができています。

主婦世代の方がよく見ていた韓国ドラマも現在では女子高校生も見るようになってきています。

もちろんK-POPアイドルが出演するっていうのもありますが韓国ドラマが流行っているというのも理由の一つです♫

 

そして今回は絶大なる人気を誇った韓国ドラマをご紹介します!!

 

 

砂時計

韓国ドラマの真骨頂!

韓国で歴代3位の視聴率を記録した、社会派ドラマの金字塔である「砂時計

最高視聴率64.5%

視聴者の帰宅時間を早め別名「帰宅時計」とよば社会現象にもなったドラマ。

これは究極の愛の物語である。

それと同時に究極の友情の物語でもある。

一人の女性のために男たちは時代と戦う。

 

・出演者

① チェ・ミンス

② コ・ヒョンジョン

③ パク・サンウォン

④ イ・ジョンジェ

 

・演出

キム・ジョンハク(悲しき天使、太王四神記)

 

・脚本

ソン・ジナ(ローズマリー)

 

・ストーリー

一人の女性のために男たちは時代と戦う。

負けることを知りながら…

 

怖いもの知らずの不良少年・テス(チェ・ミンス)と頭脳明晰な優等生ウソク(パク・サンウォン)は親友同士。

テスは亡き父の思想が問題で希望した士官学校への道を絶たれてしまう。

最愛の母親とも死別し、絶望の末、裏組織の一員となってしまう。

一方、ウソクは検事となって社会正義のために尽くすものの、厚い壁に阻まれ挫折を味わう。

同じ頃、ヘリン(コ・ヒョンジョン)はカジノ界の大物である父の死をきっかけにカジノ事業を受け継ぐことになる。

そんな彼女から絶大な信頼を得ているボディーガードのジェヒ(イ・ジョンジェ)。

激動の時代の中心で向き合った彼らは傷つきながらも決して愛することを諦めない。

砂時計の砂が全部落ちてしまうまで。

 

 

まとめ

いかがでしたか!?

韓国で社会現象を巻き起こしたドラマ「砂時計」についてご紹介しました!

見て損はない人気ドラマです♫

まだ見たことがない人は是非、一度見てください!

 

 

 

1つ星いいねしてね❤︎
読み込み中...
最新情報をチェックしよう!